ショップからのお知らせ


2019/8/9

夏季休暇のお知らせ 誠に勝手ながら8/10(土)~8/18(日)の9日間は夏季休暇とさせて頂きます。この期間もご注文は随時お受付させて頂いておりますが、お客様対応、商品発送は2019/8/19(月) より順次行わせて頂きます。ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解とご協力の程、何卒宜しくお願い致します。

2019/6/7

コーヒーブレイク新記事「空へ」を掲載しました。ニットクの塗料のお家芸です・・・お楽しみくださいね。

 カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 

2013.10.8伊勢の檜

こんにちは! 店長の杉です。

昨日は、西日本を中心に真夏日になったところが多かった・・・そうですね。

今日の東京は、暑くなりそうです。

また、非常に強い台風24号ですが、風台風で日本海沿岸を北上する進路だそうです。

高潮には注意が必要で、かなりやばい大型ですから、九州地方の皆さんは十分ご注意を。

今日は「木の日」です。

日本木材青壮年団体連合会が1977(昭和52)年に提唱しました。

「十」「八」を組み合わせると「木」の字になることから・・・で、木の良さを見直す日・・・だそうです。

先日、伊勢の式年遷宮を紹介しましたが、遷宮の社は、新しくつくられるんですが、

その材は、「ひのき(檜)」です。

1回の御遷宮に使われる「ひのき」は、なんと13,800本・・・だそうな。

(直径140cmの大径木が数本、60cmの木が6000本以上、40~50cmの木が2200本以上必要で、

樹齢、100年超える・・・そうです)

それも、この「ひのき」は、どこのものでもいい・・・というわけにはいかないそうですよ。

ご神木がゆえ、

式年遷宮の用材を伐り出す山は「御杣山(みそまやま)」と呼ばれ、

かつては伊勢神宮の裏山がその役割を担っていた・・・そうですが、

次第に適する木が得られなくなったため、今は、木曽御杣山となっているとのこと。

ただ、今回の62回の遷宮においては、伊勢神宮周辺(宮域林)「ひのき」

700年ぶり一部使用された・・・そうな。

また、ご神木のゆえ、伐採も、チェーンソーでずば~っと・・・ではなく、

を使った手作業だ・・・そうです。

このように、「ひのき」1本をとってしても、使用できるまでに最低60年以上の歳月が必要な「木」

木を大切に・・・。

大切な「木」ですから、前の社等で使用した「ひのき」は、

ちゃんと、他の宮社ゆかりある神社で、再利用されて・・・いますよ。

頭上の天気

それでは、いい1日を。

このページの最初へ戻る

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ