ショップからのお知らせ


2019/10/1

トップページのデザインを「スポーツ観戦」バージョンにしました。スポーツの秋です。ラグビーのW杯で白熱中です 。

2019/9/19

コーヒーブレイク新記事「ローカル線で行こう!」を掲載しました。これからの紅葉はローカル線で・・・。

 カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 

2013.9.25古墳

こんにちは! 店長の杉です。

今日は「藤ノ木古墳記念日」です。

1985(昭和60)年のこの日、奈良県斑鳩町の藤ノ木古墳の石室等が発堀されました。(法隆寺の近くですね)

藤ノ木古墳は直径約48m、高さ約9mの円墳で、

古墳時代後期の6世紀後半に作られたものと考えられています。

1985(昭和60)年に第1次調査、1988(昭和63)年6月に国内の発掘調査史上初めて

ファイバースコープを使った石棺の内部調査が行われ、

その年の10月8日に1400年ぶりに石棺の蓋が開かれた・・・そうな。

未盗掘で埋葬当時の姿がほぼそのまま残っており、

当時の埋葬儀礼を解明する上で貴重な資料を提供した・・・そうです。

古墳つながりで、

「キトラ古墳」壁画の一部が、来年春、東京国立博物館展示される・・・そうです。

「キトラ古墳」4つの幻獣・・・「青龍」・「朱雀」・「白虎」・「玄武」

方角の守り神「四神」ですよね。

東京・上野の東京国立博物館で、来年4月~5月の30日間の公開が予定されている・・・そうです。

「四神」以外にも、えとの動物を人に似せて描いた「十二支像」の壁画もあるんですが・・・、

まだ、修復途中のため、

今の段階では、奈良から東京までの長距離に耐えられる程度に修復が終わったものに限定される・・・そうな。

なんとか、「四神」・「十二支像」が見られますように。

頭上の天気

それでは、いい1日を。

このページの最初へ戻る

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ