ショップからのお知らせ


2019/10/1

トップページのデザインを「スポーツ観戦」バージョンにしました。スポーツの秋です。ラグビーのW杯で白熱中です 。

2019/9/19

コーヒーブレイク新記事「ローカル線で行こう!」を掲載しました。これからの紅葉はローカル線で・・・。

 カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 

2013.9.6喪服の色

こんにちは! 店長の杉です。

今日は「黒の日」です。

京都黒染工業協同組合が1988年に制定し1989年から実施した・・・そうです。

「く(9)ろ(6)」(黒)の語呂合せ・・・ですね。

伝統染色の黒染めをPRし、黒紋服や黒留袖の普及を図る日・・・だそうな。

さて、 黒といえば、「喪服」。

「喪服」の色はなぜ黒い・・・か!?

いろいろ調べてみましたが、こんな感じ!?でした。

もともとは、「白」だった・・・そうな。

「悲しみのため、色のある服を着ない」という習慣であったと。

どうも、明治になるまでは、喪服は「白」であったそうで、

(歴史的には、白→黒→白→黒って変わっているみたいですが)

ヨーロッパ文化を取り入れるようになって、「黒」になった・・ようです。

厳密には、まだ、女性は白ずくめ・・・だったそうですが、

昭和の戦時中に、衣料不足の折から、汚れやすい白の変わりに、

女性もいつしか「黒」に変わっていった・・・そうです。

頭上の天気

それでは、いい1日を。

このページの最初へ戻る

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ