ショップからのお知らせ


2019/8/9

夏季休暇のお知らせ 誠に勝手ながら8/10(土)~8/18(日)の9日間は夏季休暇とさせて頂きます。この期間もご注文は随時お受付させて頂いておりますが、お客様対応、商品発送は2019/8/19(月) より順次行わせて頂きます。ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解とご協力の程、何卒宜しくお願い致します。

2019/6/7

コーヒーブレイク新記事「空へ」を掲載しました。ニットクの塗料のお家芸です・・・お楽しみくださいね。

 カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 

2013.9.3東京駅の謎

こんにちは! 店長の杉です。

今日は「ベッドの日」です。

日本ベッド工業会が制定しました。

「グッ(9)スリ(3)」の語呂合せ・・・です。

さて、リニューアル前にコーヒーブレイクとして「日本の駅舎」

を掲載していました。

その記事の中で、東京駅丸の内駅舎のドーム天井の写真に

”復元された南のドーム内部。「装飾は日本趣味で」という辰野金吾の意向を受け継ぎ、

干支の動物のレリーフや、大きさ約2.4mの鷲の彫刻などで装飾されている。

干支はそれぞれが示す方角に配され、東西南北を示す子・卯・午・酉の4支がない”

と紹介されています。

ちなみに飾られている干支は、

丑(北北東)、寅(東北東)、辰(東南東)、巳(南南東)、未(南南西)、申(西南西)、戌(西北西)、亥(北北西)で、

省かれているのは卯、酉、午、子(東西南北)だ・・・そうです。

では、この東西南北の干支どこぞに!?・・・

なんと、佐賀県武雄市の武雄温泉楼門(国重要文化財)の天井に、東京駅ドーム天井にない四つの干支(卯、酉、午、子)が、あるそうです。

そもそも、「東京駅丸の内駅舎のドーム天井」「武雄温泉楼門」は同時期に建築家辰野金吾氏が設計しており、

この2つの天井をあわせて、十二支になっていることがわかった・・・そうです。

東京駅丸の内駅舎のドーム天井干支は八つしかなく、これまでとされていた・・・そうですが、

ようやく、謎解きされた・・・そうです。

「武雄温泉楼門」の天井も保存修理をしていて、8月中には終了の予定・・・です。

この秋口に見学してもおもしろい・・・かも。

頭上の天気

それでは、いい1日を。

このページの最初へ戻る

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ