ショップからのお知らせ


2019/10/1

トップページのデザインを「スポーツ観戦」バージョンにしました。スポーツの秋です。ラグビーのW杯で白熱中です 。

2019/9/19

コーヒーブレイク新記事「ローカル線で行こう!」を掲載しました。これからの紅葉はローカル線で・・・。

 カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 

2015.7.30化学五輪

こんにちは! 店長の杉です。

昨日で、九州北部・山口・東北北部が「梅雨明け」し、

これで全国「梅雨明け」しました。

今日は「谷崎忌」です。


小説家・谷崎潤一郎の1965年の忌日・・・です。

さて、文部科学省によると、

「アゼルバイジャンで開かれた世界の高校生が化学の知識を競う「国際化学オリンピック」で、日本代表4人は金メダル2人を含む全員がメダルを獲得した」

・・・そうです。

化学五輪・・・「国際化学オリンピック」とは、

「1968年に東欧3ヵ国(ハンガリー、旧チェコスロバキア、ポーランド)が始めた高校生の学力試験から発展した、1年に1度開催される「化学」の国際大会です。日本で有名な「数学オリンピック」も同じ3ヵ国から始まりました。1984年にアメリカ合衆国が参加して以来急激に参加国が増え、今では例年約60ヶ国から200人を超える高校生が参加しています。
 大会は、通常、毎年7月に約10日間開かれ、 それぞれ5時間に及ぶ実験問題(Experimental Examination) と筆記問題(Theoretical Examination)が出題され個人戦として競われます。成績優秀者には金メダル(参加者の1割)、銀メダル(同2割)、銅メダル(同3割)がそれぞれ贈られる。」


今年は、75か国・地域から292人が参加して、

日本4人の成績は、

金メダル2人

銀メダル2人

の好成績だったんですね。

(2003年に初参加以来、日本は好成績を収めている・・・そうな)

頭上の天気

それでは、いい1日を。

このページの最初へ戻る

・・・そうな。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ